5月30日、川中美幸さんのリサイタルにでかけました。
というのも専属ダンサーとして活躍している綿引大介さんは、社長が教鞭を執っていた時代の教え子で、
学生時代はバレーボールの愛弟子でした。
卒業したら芸能界で活躍したいと東京へ行って12年、川中美幸さんと同じ大阪の出身でもあり、
大変大事にしてもらってようやく先生(教え子達は今でもこう呼びます)にもみてもらえるようになったから、是非見に来て欲しいと彼から連絡があり、今年3回目の観劇に出かけました。
川中美幸さんの歌のうまさに感服。
歌手生活30周年を迎える事に頷かされました。連絡ががあれば必ず見に行くつもりです。
「大介、がんばれ」と声援を送りながら。
(写真:中央)
(写真:右)
8月3日、札幌コンサドーレ強化部長の城福敬氏と神戸スカイマークスタジアムに日本ハムvsオリックス戦を観戦に行きました。
というのも武田選手から、卒業して10年目。オールスターの選手にも選ばれるなどようやく少しみてもらえるようになったから連絡したとの電話がありました。

在校中、野球部ながらよく何かと話をしに来ていました。昔から大変な努力家でしたが、
ここに来ていぶし銀の活躍に感激しながら応援していました。
当日同行してくれた城福氏は当時のサッカー部の顧問でそれ以来の友人です。

試合の後会食をしながら昔話に花が咲き、お互いの活躍を誓い合いました。

Copyright"2006 MINAMI DEPORTE ALL right resaerved.